梨の誘引

  • 2013.02.11 Monday
  • 20:39
現在の研修内容は梨の誘引です。
剪定で枝の数はすっきりしましたが、


上に立っている枝がほとんどです。


収穫だとか、種々の作業がしやすいように、棚線に誘引(結びつける)します。

下から見ると


枝の配置がバラバラなので、


誘引して枝を並べます。
これにより、陰がなくなり全体的に均等に日光が入ります。

パズルをしている感じで、誘引もなかなか面白い。
ただ、調子にのって無理やり枝を倒しすぎると、
折ってしまうこともあるので注意が必要です。 

勉強会

  • 2013.01.30 Wednesday
  • 21:23
昨年の作業内容の違いから、
びんごが基本的な部分がわかっていないことが判明したので、
最近は子供達が寝静まった後に二人で勉強会をしています。


そのため、びんごも大分、剪定できるようになってきました。

剪定では、


芽が上向きの部分で切るのが基本です。

しかし、びんごは芽の向きの認識が違うことが発覚しました。


微妙な感じですが、これは芽が下向きです。

今夜は、芽の向きについての勉強会です。 

梨の剪定

  • 2013.01.28 Monday
  • 20:33
今朝は久しぶりに雪が積もりました。
昨日の朝に積もっていれば子供達と雪遊びできたのになぁと
残念に思いながら子供達を保育園へ。


木に積もった雪が綺麗ですが、路面は凍っているので、運転は慎重に。

一方、研修はというと、梨の剪定に入りました。
葡萄と違い感覚の部分が大きいので、なかなか難しいです。
それでも、師匠に教えてもらいながら、何とか習得しています。


剪定前。
多くの枝が乱立しています。


剪定後。
さっぱりとしました。
これで今年も多くの葉と実をならしてくれることを期待です。 

愛宕(あたご)梨

  • 2012.11.02 Friday
  • 21:25
栽培中の愛宕梨の味がどんなか試食してみることになりました。


一つ拝借。
みかんと比べると、その大きさがよくわかります。
肝心のお味は、抜群に美味い!
これから霜が降れば、もっと甘味が増し、もっと大きくなるようです。

後はカラスにやられないかが問題です。 

20世紀梨

  • 2012.09.09 Sunday
  • 21:40
本日より、20世紀梨のもぎ取りが始まりました。

まだ少し早いものもありますが、しっかり熟れて甘くなった梨。


喜んで梨をもいで帰られるお客様たちを見ると、とても嬉しくなりますね。
お客様の反応を直に見れるというのは観光農園の醍醐味です。
葡萄と梨の季節が本格的に到来といった感じです。

それから、先日取材のあったラジオ放送が本日ありました。
前回の生出演のときのパーソナリティの方が私のことを「キャラが濃い人」と
おっしゃってましたが、そんな目立つようなことはしてないんだけどなぁ。
今回はガッツリと放送してくださって感謝です。
 

梨生産者同志会

  • 2012.07.18 Wednesday
  • 15:55

本日は山口県の梨生産者同志会があったので、
勉強のため参加させていただきました。


特にカメムシの発生状況と防除対策に対するご説明では色々と勉強になりました。
農園経営の際の参考にさせていただきたいと思います。


現地研修の様子。

同じ山口県の担い手研修生の方も来られていたので、いろいろと情報交換できました。
私と同じく田舎暮らしがしたいお父さんです。
とても気さくな方でいろいろと教えてくださいました。

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM