台風が迫ってくるなかで

  • 2019.08.12 Monday
  • 21:42

保育園が盆休みに入ったので、今日は下の息子と畑へ。

久しぶりに、せんとほしに会う下の息子。

 

リードをつないで

「つわれ!(スワレ)」

と調教気分を味わっていました。

当然、せんとほしは指示に従う気ゼロ。

ですが、何となく下の息子に従うフリをしている感じで、

遊んでくれていました。

 

台風10号がまっすぐこちらに向かってきます。

とりあえず、今できる台風対策を進めていきます。

猶予は、明後日まで。

優先順位をしっかりと見定めて被害を最小限に抑えたいと思います。

 

 

 

 

 

大変さと安らぎの中で

  • 2019.05.28 Tuesday
  • 21:44

下の息子のトビヒもようやく収まり

今週から元気に保育園に登園してくれています。

友達と遊びたかったようで、久しぶりの保育園から

帰ってくるとすこぶる上機嫌でした。

 

息子の休園で花穂整形に専念していたために

 

新梢が好きなように伸び放題となってしまいました。

このままでは葉に均等に太陽光が当たらない上に、

作業効率も落ちてしまうので、

 

棚に上手に誘引していきます。

まだ、花穂整形が残っていますが時間に余裕ができたので、

誘引と並行して作業をしようと思っていると、

ゴールドフィンガーも開花が始まっていました。

開花時期を見誤っていました。。。

急いで補佐とゴールドフィンガーの花穂整形を行い何とか間に合いました。

しっかりと開花時期を記録しておかねば。

 

そうそう、花穂整形を終える目途がついたので、

週末は子供たちと川へ遊びに行ってきました。

まだ泳ぐつもりはなかったのですが、

「ダムを造る!」

 

どんどん川へ入っていく子供たち。

相変わらず、うちの子供たちはアクティブです。

それに負けじと

 

下の息子もビショビショになりながら石集めをしていました。

 

ふと目をやると

 

ヤゴの抜け殻です。

久しぶりに子供たちとの楽しい時間を過ごせました。

 

先週は、仕事的には大変でしたが、

下の息子と連日、動物園に通うことができて、

父親的には大きな安らぎを味わうことができました。

改めて、ブドウ作りに邁進していきたいと思います。

 

 

 

 

遊んでもらってる私

  • 2019.04.21 Sunday
  • 21:12

今週末は差し迫った作業もないので、

子供たちにしっかりと遊んでもらいました。

私が。

 

まずは裏山でワラビ採取。

イノシシが作った獣道やねぐらを見つけて大興奮の息子。

山菜よりも動物の気配の方が興味津々です。

それでも

 

しっかりワラビをゲットできました。

 

お次は、昨年から製作中の竹の小屋。

床を作りかけたままで放置されていたので、

その続きから製作再開です。

 

が、日差しの強さのために子供たちの集中力がいまいちです。

「暑い〜暑い〜」

と愚痴を言い続ける息子。

すると

「屋根を作れば日影ができるんじゃない?」

ともっともなことを言う娘。

 

そこで、床の製作は一時中止し

先に屋根を製作することにしました。

 

屋根の材料にする竹の枝をナタで切り取る娘。

最初は危なっかしい手つきでしたが、

次第に慣れた手つきでサクサク枝を切り落としていきます。

 

この枝を束ねて屋根に結ぶと

 

思った以上に様になりました。

娘も思った以上の仕上がりにやる気が倍増。

ついでに床の製作も同時進行です。

 

次はいつできる?という娘。

GWも、子供たちは私とガッツリ遊んでくれそうです。

 

 

 

 

 

父親の子育てというもの

  • 2019.02.20 Wednesday
  • 21:27

乳幼児にとって一番甘えたいのは母親。

というのが一般的だと思いますが、

我が家でも娘と上の息子は結局のところ

私より補佐に甘えたいものでした。

 

夜、私が添い寝して寝かそうとしても

「パパは来ないで、ママが良い」

なんて言われて、泣く泣く寝室から出ようとすれば

「行かないで。パパはそばにいるだけで良いの」

と、私は寝るわけでもないのに布団に一人で横たわったこともありました。

 

しかし、今、我が家で奇跡が起きているのです。

下の息子が母親ではなく父親を欲しています。

ご飯を食べさせるのもパパ。

一番抱っこしてもらいたいのもパパ。

 

当然、夜、一緒に寝ているのは私。

夜泣きが始まると私があやすのですが、

なかなか収まらないときは補佐に渡します。

すると、さらに激しく泣きじゃくります。

それを数分経験させてから私が迎えにいくと、

ピタッと泣き止みスヤスヤと眠りにつきます。

母親を当て馬にして父親の安楽を実感させているのです。

さしずめ、補佐は産みの親で私は育ての親のような。

 

そんな折、

 

市の定期健康診査の問診票を書いていたときのこと。

子育てについて

「お子さんのお父さんは、育児をしていますか」

もちろん、やってますよ!

「お母さんはゆったりとした気分でお子さんと過ごせますか」

過ごせてると思うけど、なんか違和感がある問診票だなぁ。

「子育てに協力してくれる人や相談相手はいますか」

に対して、父、実母、友人、その他。。。

 

この問診票を父親が書いていると想定はされないのだろうか。

保育園の送り迎えを、たくさんのお父さんがやったり、

子供を病院に連れてきてるお父さんもたくさんいます。

どんどん父親の育児参加が増えている今、

役所が前時代的な感覚で良いのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりの動物園

  • 2019.02.17 Sunday
  • 21:25

長らく剪定作業に追われていましたが、

ようやく終わりが見えてきました。

今日はお天気の日曜日。

久しぶりに子供たちと徳山動物園へ行ってきました。

 

下の息子も一歳半になるので、

いろんな動物に興味津々になっていました。

 

娘に抱きかかえられてのぞき込む息子。

ただのカモにも大興奮です。

 

上の息子は野鳥館がお気に入り。

相変わらず、マニアックなところに興味があるようです。

娘は、とにかく触れ合い体験がお気に入り。

基本的には下の息子と一緒に楽しむのですが、

スケジュールをチェックしてうさぎとモルモットとの

触れ合いも楽しめたようです。

 

それぞれが大きくなり、

前と違った楽しみ方ができるようになった動物園。

そんな子供たちの以前と違う様子を楽しむ私。

次は、ゾウ厩舎が新しくなるようなので、

また違った楽しみ方ができそうです。

 

 

 

あおむし

  • 2019.01.25 Friday
  • 20:58

仕事から帰ると息子がやってきて

「今日、これ作ったんよ。」

 

「はらぺこあおむし。」

おぉ、上手い!

 

クラブ活動で作ったようで、

家族で乗ることが多い車のカギについていました。

主に補佐が使用している車ですね。

で、娘が作ったあおむしは補佐の携帯ストラップに。

おい!おい!!

おかしいやろ、私のがないやないかい!と抗議すると、

「(娘は)時間があって、もう一つ作ったみたいやからもらえば?」

 

早速、娘に

「パパにも頂戴?」

「え゛え゛ーーー!!」

そんなに嫌がらんでもええやろとガックリしていると、

「大事に使う?」

と娘が聞くので

「もちろん!大事にする!」

 

無事に、私もあおむし、いや、きいろむしゲットできました!

 

 

 

 

畑での休日

  • 2018.11.10 Saturday
  • 21:11

台風24号の大雨時の土砂崩れ国道が通行止めになり、

日々、細い山道の迂回路を通っていますが、

山奥には意外に多くのモミジが生息していることに気づかされます。

細い道がせんないですが、多くの紅葉を楽しめるのは、

案外、捨てたものではありません。

 

倉庫前のモミジも

 

綺麗に紅葉しています。

 

数日前には日中の冷え込みが強くなり

秋の深まりを感じていたのですが、

ここ数日は再び暖かな気温に戻り

過ごしやすい日々を過ごしています。

 

今日は久しぶりに子供たちを畑に連れて行きました。

 

その辺に落ちてる石や竹の棒きれで、思い思いに遊んでいます。

また、少しずつ竹の家づくりを再開しようと

子供たちと約束しました。

 

「床と壁を作るのに、竹が足らないんじゃない?」

 

と注文が入ったので、新しく竹を調達しておかないといけませんね。

 

 

 

 

 

発揮された集中力

  • 2018.11.04 Sunday
  • 20:54

大忙しの収穫時期に、我慢&協力してくれた子供たちと

島根県浜田市に遊びに行ってきました。

 

その中でも、浜田市世界こども美術館がなかなか面白い。

“こども”美術館というだけあって、ただ鑑賞するだけの美術館と違い

参加型の美術館でアートに触れる良い機会となりました。

 

ちょうど、国際交流ワークショップが開催されていて、

オーストリアやチェコのこども美術館から来日された方をはじめ、

4か国の先生のもと、様々な創作活動ができます。

 

作品作りが好きな子供たちは

 

もくもくと創作活動に集中。

 

メキシコの「死者の日」にちなんだ作品。

 

特に、息子の創作意欲がすごく、なかなか見せない集中力で

作品作りに取り組んでいました。

普段、私たちが怒りながらやらせている宿題に、

この集中力を少しでもむけてくれれば良いのですが。。。

 

英語に触れながらアートにも触れる。

なかなか先進的な活動で面白かった。

 

 

 

 

父さんが そだてた・・・

  • 2018.09.02 Sunday
  • 21:25

兼崎地橙孫顕彰会主催の「小学生俳句コンクール」において、

息子が、なんと、最優秀賞を受賞しました。

市で一番なんて、やるやないか!息子よ。

 

「緊張してないし」

と強がる息子でしたが、表彰式では常に固い表情。

式典が終わった瞬間の、解放された豊かな表情が印象的でした。

式典の後に、

 

山口新聞の取材を受ける息子。

 

最優秀賞をとった息子の句は

「父さんが そだてたスイカ 百てんだ」

 

記者「お父さんは、スイカを育てられているのですか?」

私「いえ、ブドウです」

記者「え???」

私「本業はブドウ農家なんですが、趣味で育てたスイカが美味しかったようですね」

記者「あ〜ぁ、家庭菜園かなんかで育てたスイカだったんですね」

 

・・・まぁ、どちらにせよ、私が育てた作物を

息子が褒めてくれた句が評価されたのだから、良しとしよう。

 

 

 

 

 

 

 

忙しくなる前のひと時

  • 2018.08.17 Friday
  • 21:52

お盆が過ぎ、日中の日差しが少し柔らかくなった気がします。

ようやく酷暑も終わりを迎えているのでしょうか。

 

そして、夕方になると結構涼しくなります。

そのため、時間のある時は、下の息子を畑に連れて遊ばせているのですが、

初めは、下の息子を見るとせんとほしが吠えまくって、

息子が怖くて泣くというパターンでした。

 

でも、ようやくお互いが慣れてきたようで、

 

息子がコミュニケーションを取り始めました。

まだ赤ちゃんだとわかっているようで、

耳を引っ張られたりしても吠えることなく見守ってくれています。

 

帰り際には

 

せんがお腹を見せて逆に甘えようとしていました。

 

もう少ししたら、今シーズン最大の山場になるので、

今のうちにしっかりと遊ばせてあげたいですね。

 

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM