小学校と地域の運動会

  • 2019.05.19 Sunday
  • 22:06

今日は小学校と地域の合同運動会。

昨日が久しぶりの本降りで明日も雨予報という中で、

朝は青空が見えるお天気となり予定通り開催されました。

 

ご高齢の方々の見せ場、縄なえ競争。

運動会なのにグラウンドの一角に集まる名物競技。

年々、お見えになる人数が減っているのは、

超過疎地域の宿命なのですが寂しく感じますね。

 

それでも、今年も子供たちは白熱した競技を繰り広げていました。

全校生で行う一輪車演技は今年も新技を披露し感心するとともに、

新一年生も立派に一員として演技に加わっていたのに感動を覚えました。

そして、今年は最後の運動会となる娘は赤組団長として赤組を引っ張り、

最後は、見事に勝利をつかみ取り立派に勤めを果たしたようです。

 

地域の運動会の一員として私も様々な協議に参加。

人数減少に伴って選手として参加できる人がいないために、

ほぼ全ての協議に参加です。

そして、今年も大人のリレーにPTAチームとして参加。

年に一度の本気の競争なのですが、年々、足の動きが鈍くなり

体が重くなっていっています。

もうすでに太ももの裏側に違和感を感じ始めました。

明日はしっかりと筋肉痛になりそうです。

 

とは言え、今年も楽しい運動会でした。

さて、来年はどんな運動会になるでしょうか。

 

 

 

 

大空で泳ぐこいのぼり

  • 2019.04.13 Saturday
  • 20:56

ビニール張りが終わり作業がひと段落したので、

例年通り、こいのぼりをあげる段取りを行いました。

下の息子が通う保育園でもこいのぼりが泳いでいて、

送り迎えにいく度にこいのぼりの話をしようとしています。

去年はまだこいのぼりがよくわかっていませんでしたが、

今年はどんな反応を示してくれるか楽しみです。

 

こいのぼりの支柱を立てていると、

 

いつものように、息子がコイを持って走り回っていました。

 

無事にこいのぼりをあげ終わると

 

興味津々でこいのぼりを見上げる下の息子。

これだけ眺めてくれると、あげた甲斐があります。

休みのたびに畑に連れて行ってあげようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

2年ぶりの新入生

  • 2019.04.08 Monday
  • 21:36

ビニール張りも先が見えてきたことだし、

昨日はお天気も良かったので、家族で海へ出かけました。

 

子供たちの遊びに対する創造力というものは本当に感心します。

水路からわずかに流れ出る水を使って

 

海へ流れ出る川を作っていました。

「浸食させてみよう」

という娘。

いろんな川の流れを作っていましたが、

自然に逆らって川の流れを人工的に変化させる難しさを

子供の遊びから学ばせてもらいました。

 

そして、今日は

 

2年ぶりとなる入学式。

小規模特認校制度を利用して、徳山の方から通学されます。

校区内だけだと新入生がいなくて廃校へまっしぐらだったのですが、

須磨小学校の良さを子供も親御さんもわかって下さり、

入学を決断してくださいました。

本当に、ようこそ!!という感じ。

 

大きめの制服に長めのスカート。

娘の入学式を思い出しました。

その新入生に児童代表の挨拶をする娘。

感慨深いですね。

小規模校ならでは良い式になりました。

また、お弁当をもって給食にお邪魔したいと思います。

 

校庭の桜も、まだ花を散らさずに綺麗に咲かせていました。

 

 

 

お別れ式

  • 2019.03.29 Friday
  • 20:38

今年も別れの時期がきました。

小学校では転出される先生方のお別れ式がありました。

 

様々な取り組みを積極的に行い、子供たちに多くの経験を

させていただいた校長先生をはじめ、

どの先生も来年度も残留していただきたかった。

ですが、先生方も様々な学校でいろんな経験を

積まれてスキルアップしていって欲しいですね。

 

転出される全ての先生方と別れを惜しむことができるのは

小規模校ならではです。

3年間、どうもありがとうございました!

 

畑では、日本タンポポが綿毛を飛ばしていました。

 

先日行われたモンキードッグの服従訓練テストですが、

 

無事に合格いたしました。

今年も、しっかりとふくじろうのブドウを守ってくれることでしょう。

 

 

 

 

3年ぶり

  • 2019.03.20 Wednesday
  • 21:55

以前として風は冷たいですが、

日差しは暖かく作業着の調整が難しい時期です。

良いお天気の今日、地元の小学校で3年ぶりの

 

卒業証書授与式が執り行われました。

 

3年ぶりということは、卒業生は4年生から3年間も

最上級生で小学校を引っ張ってくれました。

その分、先生、地域の方々、そして私と

みんなの思い入れが強い子たちの卒業となりました。

 

思い返せば、校長先生の式辞なんて、ありきたりの言葉を

聞かされてて退屈だった記憶しかありません。

しかし、今日の式辞は卒業生の顔や思い出を振り返りながら

考えられたなと思う、心温まる式辞でした。

特に、現校長先生は、校長先生として初めて送り出す卒業生とか。

式辞に込められた思いを感じ、私のボルテージも上がりっぱなしでした。

 

私の祝辞を披露する順になったとき私のボルテージは最高潮を迎え、

感極まって、最初の「卒業おめでとうございます」

がうまく言えずに、もごもごしてしまいました。

何とか、涙をこらえて読み切ることができました。

 

生徒一人ひとりの顔がすべてわかる小規模校の卒業式。

良い式になりました。

 

 

 

 

卒業式を前に

  • 2019.03.18 Monday
  • 20:45

先週、小学校にインフルエンザが流行した影響で

延期になっていた6年生を送る会が今日開催されました。

娘が劇の脚本を書き、息子が司会を務めるということなので、

とても見に来てほしそう。

ちょっくら見学しに行ってきました。

 

今年、卒業を控えた6年生2人。

在校生からのささやかな送別会でしたが、

とても良い会でした。

2日後の卒業式を前に、おそらく私一人だけだと思いますが、

目頭を熱くしておりました。

 

最初は、みんなで大笑いしながら楽しくゲーム遊び。

続いて、在校生からのメッセージを込めた寸劇と応援。

そして、先生たちからの大合唱。

歌詞をじっくり聴いていると、意外に、先生たちの歌が

一番泣きそうになっていたのでした。

 

そんなほっこりした気持ちになった後は畑でお仕事。

昨秋に裏山で集めていた落ち葉を

 

樹の周りに散布。

土着微生物がしっかりとふくじろうの圃場に

浸透していって欲しいと思います。

 

 

 

笑年

  • 2019.01.10 Thursday
  • 20:27

今日は小学校で書初&地域参観日があったので、

観に行ってきました。

 

我が子たちも、年々、しっかりと上達しています。

今まで一発勝負だった娘。

今年は1枚目より2枚目の方が上手に書けていました。

他の人からすれば、何?ってことですが、

我が家にとっては娘の大きな成長です。

 

私も子供たちに混じり、書初させていただきました。

「笑年」

 

最近、眉間のしわが濃くなってる感じが。

しっかりと笑顔でいられてないからではないかと。

ということで、今年は笑える一年になりますように!

 

 

 

 

成長と限界

  • 2018.12.12 Wednesday
  • 14:29

先週の雨で順延になっていた持久走大会が本日行われました。

 

冒頭のPTA会長挨拶で

「今日の持久走大会を楽しみにしていた人?!」

と聞くと、しーーーんとした後、最前列の児童が控えめに手を挙げていました。

後ろの児童が手を挙げているかもしれないと思い、

恐る恐る挙手していたように私には見えました。

当然、我が子たちは無反応。

素直でよろしい。

 

まずは、

 

息子の出場する中学年グループに出場。

去年は余裕をもって伴走できていたのですが、

息子はかなり力をつけていて、横を走るので精一杯。

まさに、成長を肌で感じることができました。

来年は息子について行けるか、かなり不安。。。

 

続いて、

 

娘が出場する高学年グループに出場。

息子の頑張りで疲労が結構あり大丈夫かと心配になりましたが、

万年最下位の娘の伴走はペースが遅いので余裕。

 

「矢が刺さったように痛くなった」

そんな長い文句が言えるようなら大丈夫。

「お腹がすごく痛い」

といつもの弱音を吐き続けるので

「もっと走ると痛さがなくなるらしいよ」(ランナーズハイね)

と言うと、もう弱音を吐かなくなりました。

 

すると、少しずつ底力を出し始めたようで、

伴走するのが余裕ではなくなってきました。

最後は、追いつく余裕がなくなってしまったので、大声で声援を送り続けました。

そのおかげか、最後まで力を出し尽くし、初めて最下位を脱出。

今まで歩くことしか頭になかった娘がお友達とデッドヒートを繰り広げるなんて。

そして、最後に抜き去る遠くの娘の後ろ姿に目頭が熱くなりました。

 

娘たちがゴールし私はリタイアしたかったのですが、

「歩くのは絶対にアカン!!」

と娘に言っている手前、最後まで走り切りました。

ダントツのゲッピで。

ダメだこりゃ。体力の限界です。

 

子供たちの頑張りを見れて滅茶苦茶嬉しいのですが、

体中が痛い。。。

さすがに、来年は事前の練習が必要ですね。

 

 

 

久しぶりの発表会

  • 2018.12.08 Saturday
  • 21:03

今日は全国的に冷え込みが厳しい一日になったように、

こちらでも一気に寒さが増し、この冬初めて雪が舞っていました。

例年ならいつも通りの寒さだったと思いますが、

急激の気温の変化に体がついていってない感じです。

 

そんな寒さの中、

 

保育園で発表会がありました。

冒頭の園長先生のお話の中で

「ほかの保育園と違ってここは床暖房があるので、

 寒さの中でも園児たちは快適に過ごされています。」

とのこと。

こちらに移住して子供たちを保育園に初めて預け始めたころ、

最近の保育園はどこでも床暖房完備なんだとびっくりしたのですが、

山奥の積雪地域だから完備されてたんですね。

 

それはさておき、1歳児の下の息子もしっかり出演しました。

練習の時には嬉しそうに好きなように動き回っていたようなので、

結構期待して観ていたのですが、まったく動かず。。。

いや、他の園児たちもあまり動いていなかったので、

1歳とはいえ、緊張していたようです。

 

それでも楽しめるのが親ですね。

 

 

 

 

 

年に一度の一発勝負

  • 2018.11.26 Monday
  • 19:52

ここ数日で急に寒くなりました。

天気予報では今週は暖かさが戻ると言ってましたが、

今日もしっかりと寒い一日になりました。

 

悪天候のため延期になっていた小学校の一輪車選手権が

 

行われたので、子供たちの頑張りを見に行ってきました。

今年、ようやく全校生徒が一輪車に乗れるようになっていて、

子供たちの頑張りはもちろんですが、指導されている先生方の

熱意にも感心しました。

 

年々上達する子供たち。

子供たちが一輪車に乗れるのは当然のように思ってしまいますが、

一輪車に乗れない私からすると、上手に乗りこなす子供たちに感服です。

 

年に一度の一発勝負の記録会。

残念ながらこけてしまい記録が伸びなかった子もいますが、

来年、また頑張って記録に挑戦してください!

 

 

 

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM