3年ぶり

  • 2019.03.20 Wednesday
  • 21:55

以前として風は冷たいですが、

日差しは暖かく作業着の調整が難しい時期です。

良いお天気の今日、地元の小学校で3年ぶりの

 

卒業証書授与式が執り行われました。

 

3年ぶりということは、卒業生は4年生から3年間も

最上級生で小学校を引っ張ってくれました。

その分、先生、地域の方々、そして私と

みんなの思い入れが強い子たちの卒業となりました。

 

思い返せば、校長先生の式辞なんて、ありきたりの言葉を

聞かされてて退屈だった記憶しかありません。

しかし、今日の式辞は卒業生の顔や思い出を振り返りながら

考えられたなと思う、心温まる式辞でした。

特に、現校長先生は、校長先生として初めて送り出す卒業生とか。

式辞に込められた思いを感じ、私のボルテージも上がりっぱなしでした。

 

私の祝辞を披露する順になったとき私のボルテージは最高潮を迎え、

感極まって、最初の「卒業おめでとうございます」

がうまく言えずに、もごもごしてしまいました。

何とか、涙をこらえて読み切ることができました。

 

生徒一人ひとりの顔がすべてわかる小規模校の卒業式。

良い式になりました。

 

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2020.10.20 Tuesday
  • 21:55
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM