芽傷処理

  • 2020.02.27 Thursday
  • 21:16

今日で全ての剪定が終わりました。

今年も無事に水が回りだす前に(春の芽吹きに向けて水を吸い上げること)

剪定を終えることができてホッとしております。

 

続いて行わないといけない作業が芽傷処理。

ブドウは頂芽優勢と言って、枝の先端が勢いよく芽吹きます。

そして、枝の先端から芽吹きを抑制するホルモンが枝元へと流れるため、

何もしなければ枝の先端だけ芽吹いてその他からはほとんど芽吹きません。

なので、枝の全ての芽が出るようにこの芽傷処理を行います。

 

芽傷処理専用のハサミで芽の先端側に傷を入れます。

 

芽の先端側に傷が入りました。

この傷が抑制ホルモンをシャットアウトし芽吹くようにします。

 

特に、種ありブドウの場合は、全ての芽を出させることで

樹全体の養分を分散させて、樹の元気さを弱らせます。

ですから、この芽傷処理は重要な作業となります。

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2020.04.01 Wednesday
  • 21:16
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM