樹と対話しながら

  • 2020.05.15 Friday
  • 22:37

種無しブドウは元気よく生育が進んでくれれば

ジベレリン処理を行えばブドウがたわわに実ってくれます。

なので、今は新梢が元気に伸びてくれるのを待つばかり。

 

一方、種ありブドウを育てる場合は樹の状態を調整する必要があります。

元気すぎると子孫を残す必要がないと判断してブドウを実らせてくれませんが、

弱りすぎると最悪の場合枯れてしまいます。

樹の状態を的確に判断して作業を進めないといけません。

 

今の安芸クイーンの様子。

少し弱々しいので、伸びが弱い新梢についている花穂(つぼみの塊)を除去していきます。

そうすることで、樹の負担を軽くして元気を取り戻してもらいます。

除去しすぎると元気になりすぎたり、実らせるブドウがなくなってしまいます。

常に樹と対話をしながら作業を進めています。

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2020.05.24 Sunday
  • 22:37
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM