種ありピオーネ

  • 2020.08.09 Sunday
  • 14:37

ピオーネと言えば種無しというイメージが定着していますが、

それは化学農薬の一種であるジベレリンというホルモン剤に浸ける

処理をすることで種をなくしているに過ぎません。

当然のことですが、本来のピオーネには種があります。

 

昨年、種ありとして育てたピオーネを初結果させたのですが、

私にとっては、ふくじろうのブドウの中で一番美味しいブドウでした。

初めて口にした時のインパクトは種あり安芸クイーンに劣るのですが、

皆さんご存じのピオーネの美味しさに濃厚な味わいがプラスされた感じ。

自然と手が伸びて病みつきになるとはこのことですね。

 

こんなに美味しいのに樹がまだ小さいので普通に育てていては

商品として販売するには時間がかかってしまいます。

そこで、種無しとして仕立てていた樹を、

この冬に思い切って種ありに仕立て直してみました。

 

種ありと種無しでは育て方が180度違うので、

上手く育てないと種ありは花振い(実がつかない)してしまうのですが、

無事に実ってくれました。そして、

 

飛び玉も出てくれました。

少し弱らせすぎて葉が少なめになってしまったので心配していたのですが、

これは美味しく育ってくれる合図なのでホッとしています。

 

今では激レアな種ありピオーネ。

収穫が楽しみです。

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2020.10.20 Tuesday
  • 14:37
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM