害虫に対して

  • 2017.05.19 Friday
  • 19:04

畑を一回りして誘引がひと段落したと思ったら、

最初に行ったブラックオリンピアの新梢がグングン伸びてます。。。

花穂整形もあるのに、、、と思っていたら

補佐の手際よい仕事のおかげで、

今できる品種の花穂整形は終了していました。

さすが!!

 

まだの品種は花穂が小さくて花穂整形ができないのです。

これで、心おきなく誘引をできます。

 

子供たちとケーキを作ったり、小学校の遠足の引率をしてみたりと

「子供ネタが多いね。」

と言われたこともある里山就農記。

真面目にブドウ栽培してるか?って感じなので、

どういうことを考えながらブドウを作っているのかも

少しは紹介していこうかと思います。

 

まずは害虫について。

ブドウにとって一番の天敵は、

樹を枯らしてしまうコウモリガとスカシバ系。

3年大事に樹を育て、翌年から本格的に

ブドウを収穫できると思ったら、こいつ等の被害にあい

枯れてしまったこともあります。

 

なので、昨年まではスカシバ系に効果のある殺虫剤を

1度だけ散布していました。

ところが、この殺虫剤を散布した数日後にスカシバ被害にあいました。

殺虫剤意味ないやん!

 

結局のところ、直接、駆除するにが確実なのです。

昨年はベリーローザが被害にあったときも、

剪定鋏などで樹をえぐって幼虫を直接刺殺しました。

枯れてしまうか心配になるぐらいの荒療治でしたが、

 

すっかり自己治癒し

 

元気な新梢がグングン伸びています。

 

ってことで、今年は殺虫剤を一切使わずに

ブドウを作ってみようと思っています。

そのために一番重要なのは、初歩的なことですが見回りです。

200本弱ある全ての樹を毎日チェックして、

早期発見、早期対処に勤め、樹を守っています。

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2020.10.20 Tuesday
  • 19:04
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM