必要ですか?

  • 2020.03.04 Wednesday
  • 21:13

学校が臨時休校になってから

関連する様々なニュースが流れています。

放課後児童クラブに通う小学生。

繁華街に繰り出す中高生。

そうなるよね、当然。

子供たちを守るためと言いながら、

何も守れていないのではないだろうか。

 

臨時の対応に迫られる先生方。

只でさえ忙しい年度末。

日常の学校生活の中で伝えられる連絡事項を

すべて洗い出して各家庭に伝えないといけない。

そりゃ漏れが出てきますよね。

今日、小学校に行って先生に確認してきました。

そのグラウンドで遊びまわる子供たち。

本当に、何のための休校なんだろうと何度も考えます。

 

とは言え、現状、今年度は学校が休みなので、

お昼ご飯とお昼の休憩は子供たちと一緒に過ごしています。

まだまだ小さい下の息子がいると、

上の子供たちのレベルの遊びをなかなか一緒にできなかったのですが、

 

お昼の休憩時間を利用してカードゲームを楽しんでいます。

これよくできてますね。

結構面白い。

 

疑問だらけの臨時休校ですが、

子供たちと過ごす時間を増やすことで少しは有効活用です。

 

 

 

 

 

 

休校=3時のおやつ自動発生

  • 2020.02.29 Saturday
  • 21:29

 

「仕事はたくさんあるんやで」

ふくじろうのボスが言いました。

突然の子供たちの休校に

非日常モードになっていた補佐のオーラに気づいたようです。

 

学校がお休みになって

子供たちも最初は戸惑っていましたが

気持ちを切り替えてからは

すんなり受け入れているように見えます。

色々と準備していた行事がなくなって

がっかりもしたのでしょうが。

不安や混乱があるのは親の方のようです。

何が自分にとって負担かといえば

ご飯。

お昼ごはんですね。

給食のありがたさが身に沁みます。

 

 

非常事態と言われても

菜の花は関係なく咲き始め季節は進んでいく。

いつも通りに仕事をしてご飯を食べて

結局は毎日ていねいに過ごすことを

心掛けること、そういう気持ちでいられることが

大事なのかなと思います。

芽傷処理

  • 2020.02.27 Thursday
  • 21:16

今日で全ての剪定が終わりました。

今年も無事に水が回りだす前に(春の芽吹きに向けて水を吸い上げること)

剪定を終えることができてホッとしております。

 

続いて行わないといけない作業が芽傷処理。

ブドウは頂芽優勢と言って、枝の先端が勢いよく芽吹きます。

そして、枝の先端から芽吹きを抑制するホルモンが枝元へと流れるため、

何もしなければ枝の先端だけ芽吹いてその他からはほとんど芽吹きません。

なので、枝の全ての芽が出るようにこの芽傷処理を行います。

 

芽傷処理専用のハサミで芽の先端側に傷を入れます。

 

芽の先端側に傷が入りました。

この傷が抑制ホルモンをシャットアウトし芽吹くようにします。

 

特に、種ありブドウの場合は、全ての芽を出させることで

樹全体の養分を分散させて、樹の元気さを弱らせます。

ですから、この芽傷処理は重要な作業となります。

 

 

 

 

 

 

昼の暖かさと朝の冷え込み

  • 2020.02.24 Monday
  • 22:01

日差しの暖かさはあまり変わらないのですが、

日中の風の冷たさが少しずつ和らいできました。

なので、体感温度は春の陽気を思わせるほどです。

 

逆に、朝の冷え込みは厳しさを増している感じがします。

この冬はほとんど霜が降りなかったのに、

2月の後半になって連日のように霜が降りています。

今朝も樹にガッツリと霜が降りていました。

 

冬のどんよりとしたお天気から春の清々しいお天気に変わり、

放射冷却がしっかり行われるようになったからでしょうか。

そう考えると、まだ2月は終わっていないのに、

今年はすでに春の足音が聞こえてきているように感じます。

 

朝日を浴びて輝く霜は綺麗です。

が、氷をまとった枝を剪定するので手が凍えそうになります。

朝日が霜を溶かしてくれると、一気に暖かさが増してきます。

 

今日であらかたの剪定が終了しました。

残すは、今年から補佐が切っている種ありの樹と

有機JAS認定の農薬・肥料を含む農薬・肥料を一切使用していない

いわゆる無農薬・無施肥栽培している中で枯れこみが激しい品種の樹。

1,2日で今年の剪定は終わりそうです。

 

 

 

 

 

 

 

目指せ、2馬力!

  • 2020.02.21 Friday
  • 21:05

 

ふくじろうの冬はブドウの剪定の季節。

園主は長梢(種あり)の剪定。

補佐は短梢(種なし)の剪定。

ようやく補佐が短梢の剪定を終えたので

長梢剪定に合流です。

 

 

まだまだ長梢剪定初心者の補佐。

二馬力とは言い難い。

良くて1.5馬力ぐらいでしょうか。

今までは長梢剪定に消極的だった補佐。

今年はやる気を出して習得しようとしています。

やり方を覚えてくると少しは楽しくなってきたようです。

 

「わからーん、来てー!」

人をちょいちょい呼びつけるのですが

細かいところを指導しようとすると

「わかった、わかった」

話を最後まで聞きません。

わからなくなると園主が剪定した樹にやってきて

しばらくジーっと観察した後

自分の持ち場へ戻ります。

もう少し素直に人の話を聞くようになれば

2馬力剪定になる日も近いでしょう。

寒くない冬

  • 2020.02.18 Tuesday
  • 21:17

 

うっすらと雪化粧。

こんなに寒くない冬は初めてでした。

沢山の樹々や生き物に囲まれていると

季節の移ろいを感じやすい山。

でも本格的な冬の空気を感じたのは、このたった二日ほどです。

それももう道端に菜の花も咲いているときになって。

 

 

日が差せばすぐに溶けて無くなってしまいました。

でも、小学生の息子は今年やっとの積雪。

大はしゃぎで手袋をはめて学校へ行きました。

始業前の数分ですが雪遊びができたそうです。

 

保育園でも子供たちがわずかに残った雪を集めていました。

雪遊びの条件としては最低限の雪しかないのに

ジャリジャリの雪玉でもとても嬉しそう。

 

寒いのはとても苦手だったのですが

寒くない冬というのはなんだか違和感だらけでした。

次の冬はおでんやお鍋が食べたくなるような

寒い冬が戻ってくることを願います。

そしてふかふかの雪で雪遊びができますように。

早期落葉の影響

  • 2020.02.15 Saturday
  • 21:08

有機JAS認定農薬を含むすべての農薬を

一切使用せずに栽培しているエコ100ブドウ。

いわゆる無農薬のブドウはビニールで雨除けをすることで

何とか栽培することができていました。

 

しかし、昨年の8月にふくじろうに接近してきた台風10号。

大型で移動速度が遅い台風が広島を縦断する予報だったので、

このビニールも盆前の早い段階で撤去を余儀なくされました。

その後に長雨が続き、案の定、病気が発生して早期落葉してしまいました。

幸い、実ったブドウは美味しくなってくれたので

無事に出荷することができましたが、

その影響がどこまで出るか心配でした。

 

本日、このエコ100ブドウの剪定に入りました。

早期落葉しない樹の枝は登熟が進み剪定する際に、

枯れこみは枝の先端1〜2割程度。ひどくても3割ぐらいです。

それが、今年のエコ100ブドウの枝ですが、

 

これだけ伸びていた枝の枯れこみ部分を切ると

 

こんなに短くなってしまいました。

登熟が不十分のために相当枯れこんでしまったようです。

ただ、完全に枯れたわけではないので、春にどれだけ芽が出てくれるか。

そして、どれだけ元気を取り戻してくれるか期待したいと思います。

 

有機JAS認定農薬すら使用せずにブドウを栽培するのは難しい。

けれど、この経験がふくじろうの農薬削減率約9割(山口県推奨に対して)を

実現できているのだと思います。

今後も、難しい無農薬ブドウの栽培にチャレンジすることで得られる経験を生かして、

さらなる減農薬に努めていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恵みの雨ですが、、、

  • 2020.02.12 Wednesday
  • 21:36

今日は久しぶりの雨。

たまに、パラパラ程度の雨はありましたが、

しっかりとした雨は約2週間ぶり。

いくら休眠中とは言え、

これだけ雨が降らずカラカラだと樹にはよろしくないので、

 

今日は良い雨となりました。

 

一方で、若干遅れ気味の剪定。

今日からしばらくは雨模様が続く予報なので、

お天気が続いて作業がはかどっていただけに、

今日の雨は少し痛い。

 

この時期になると樹が目覚め出す前に剪定を

終わらせないといけないので、少し焦ってきます。

今年は暖冬のため樹の目覚めが早くなるかもしれないので、

お天気と相談しながら効率よく作業をしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

初積雪

  • 2020.02.09 Sunday
  • 21:58

今朝起きて外を見てみると

 

車に薄っすら雪が残っていました。

今シーズンは本当に雪が降らないと思っていたのですが、

ようやく初積雪。本当に薄っすらとですが。

山口にきて以来、こんなに積雪が遅かったのは初めてです。

朝の身支度を済ませて畑に向かう頃には溶けていました。

 

仕事を始めようとすると

 

所々に、まだ少しだけ雪が残っていました。

 

約1週間ほど前にようやく真冬らしい寒さが始まったと思ったのですが、

数日後にはまた3月並みの暖かさに戻る予報。

今年の冬はあっという間に終わってしまいそうです。

 

これだけ暖かいと、例年より芽吹きが早くなりそうな感じがします。

ということは、春先の作業を数週間はやめて行うことを

想定しておこうと思います。

 

 

 

 

 

開墾当初からの樹

  • 2020.02.06 Thursday
  • 21:13

 

初めて植えたブドウの樹の一つを切ることになりました。

短梢剪定で育てていたブラックオリンピアの樹です。

 

特にブラックオリンピアは

種ありの長梢剪定に力を入れることにし、

その種ありの枝が伸びてきたことにより

いよいよ短梢剪定の樹の一本を切ることになったのですが、

荒れ果てた畑を開墾していた当初から植えていたものなので

この樹を見るたびになんとも言えない気持ちになります。

このあたりで使う‘せんない‘って言葉がしっくりきます。

 

 

がむしゃらに前だけを見て必死だったころに

一緒に成長し、支えてくれました。

本当にありがとう。

枝も、幹も、燃やして炭となったこの樹はまたこの畑に還り

美味しいブドウをならすための力となってくれます。

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM